Wordのファイルが壊れて文書を読み取れないとき

Wordをひらこうとしたら、警告が出た。

警告画面

この文書を読み取ることができませんでした。ファイルが壊れているようです。
次の操作を行ってください:
*ファイルを開いて、修復してください。
*テキスト回復コンバーターでファイルを開いてください。

意味がわからん。ファイルがひらけなくて困っているのに、「ファイルを開いて、修復してください。」とはいったいどういうことだ。本当にその説明で使用者が理解できると思っているのか。
テキスト回復コンバーターのこともよくわからないが、それはGoogleで調べるからまあいいとしよう。

テキスト回復コンバーター

調べたらマイクロソフトの「Microsoft Office Converter Pack」(上記画像)というページに行き着いた。
しかしそのページが発行されたのは2004年1月6日のことで、そこに用意されているexeファイルは2003年9月4日のものであるようだ。

当方、Word2016を使用しているんだけど、2003年もので本当に大丈夫なんだろうか。
しかし背に腹は代えられないので、やってみるしかない。

インストールは問題なくできたが、どうやって破損したファイルを修復するのかわからない。新しくインストールしたアプリケーションが幾つも並んでいるので、どうやら無駄なプログラムまでインストールされてしまったようだ。一つずつ起動させるもうまくいかず。

仕方なく最初の画面に戻って「ヘルプの表示」を押すと以下の文章が出てきた。

このエラーメッセージは、開こうとしている文書が破損している場合に表示されます。破損したファイルまたはそのコンテンツはテキスト修復コンバーター (インストールする必要がある可能性があります)、または [開いて修復] の機能を使用して修復することができます。
[開いて修復] の機能は [ファイルを開く] ダイアログにあります。ファイルを修復するには、[ファイル] タブをクリックし、[開く] をクリックし、そのダイアログボックスで破損したファイルに移動して、そのファイルを 1 回クリックしてください。ダイアログボックス右下の [開く] ボタンをクリックする代わりに、そのボタンの右側の下矢印をクリックし、メニューの [開いて修復] をクリックします。修復可能な場合、ファイルが開き、文書の作業領域に表示されます。
テキスト修復コンバーターがインストールされている場合は、[ファイルを開く] ダイアログボックスの [ファイルの種類] ボックス内に表示され、そこで選択して使用することができます。この機能は、[ファイル修復コンバーター (*.*)] と表示されます。
詳細は Microsoft サポート技術情報 918429 をご参照ください。

もっとわかりやすく説明できないものか。不親切だな。Wordのバージョンによって微妙に操作手順が違ったりするからしょうがないのか。しかしテキスト回復コンバーターをインストールしたのに使用するときにはファイル修復コンバーターと名前を変えるのはなんでなんだ。わざとややこしくしてるのか。やっぱり不親切だ。

Word2016を使っている人にわかりやすく手順を言うと、壊れたファイルからではなく、Word本体をまず起動させる。そして、[ファイル]から[参照]を選択するとダイアログボックスが出て来るので、[すべてのファイル]をクリック。すると画像のように、[ファイル修復コンバーター]が表示されるはずなので選択する。[ファイル名]で修復したいファイルを選んで、[開く]を押せば、修復された文書が表示される。

テキスト回復コンバーター

ライトプラン 詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です