本田圭祐選手がプレーするメキシコリーグとは?

2017年6月30日でACミランとの契約が満了となり、フリーとなっていた本田圭祐選手の移籍先がついに決まった。

イングランドやトルコ、最有力候補とされたアメリカのチームなど、幾つもの噂が流れたけれど、すべての憶測を覆すまさかのメキシコリーグ、パチューカだ。日本代表の同僚、香川選手と長友選手が驚くのも無理はない。
 香川、本田のパチューカ移籍に驚き 自身の契約とかぶり「あしたの新聞は圭佑くん」(デイリースポーツ)
 パチューカ本田に長友がエール「圭佑らしい決断」(日刊スポーツ)

ほとんどの日本人は、たとえサッカー好きであっても、メキシコリーグのことはよく知らないだろう。私もほとんど知らない。知っているチームと言えば、クラブW杯でお馴染みのクラブ・アメリカパチューカぐらいのものだ。

せっかく日本人選手がメキシコのチームに加入したので、メキシコリーグについて調べてみることにした。

メキシコリーグは一般的にはリーガMXと呼ばれるらしい。
18チームが参加しているが、とりあえず上記2チームに加えて、同じくクラブW杯出場経験のあるモンテレイ、リーグ優勝回数の多いグアダラハラクルス・アスルぐらいを憶えておけば充分だろう。

1シーズン2ステージ制で、シーズンごとに上位8チームによるトーナメント戦で優勝を決めるという、ちょっと特殊なリーグだ。

2017-18シーズンは7月22日に開幕する。
本田選手の所属するパチューカは、7月24日にUNAMというチームと対戦することになっているが、果たして加入したばかりの本田選手は試合に出ることができるのだろうか。いまから楽しみだ。


 LIGA MX(公式サイト)
 リーガMX(ウィキペディア)
 FIFAクラブワールドカップ(ウィキペディア)
 Liga MX(SOCCERWAY)

ライトプラン 詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です