初詣は商業主義的な新しい風習だったという話

バレンタインデーにチョコレートを贈るのは日本だけの風習で、日本のお菓子メーカーが販促のために仕掛けたこと、というのはよく聞くが、初詣も実は鉄道会社が利用客を増やすために始めたことで、明治中期に創られた新しい風習であるらしい。

NEWSポストセブンの記事「日本人が知らない「初詣」の秘密 実は“新しい風習”だった」 (2020年01月02日) から。

写真:Pixabay

ライトプラン 詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です