日本三大大仏・・・奈良と鎌倉とあと一つは?

岐阜大仏が日本三大大仏の一つだと聞いた。聞いた瞬間、そんなわけないと思った。岐阜県民が自慢の種にしようと勝手に言っているだけだろうと。

意外なことに、そのような説が本当に存在するらしい。
岐阜県のみなさん、ごめんなさい。

しかし、岐阜にシンパシーを感じている人にとっては大変残念な話であるが、その説は一部で言われているだけで、定説と呼ばれるほど浸透してはいないそうだ。
やはり私が最初に感じたやや独断的な感想は、一般的日本人として当然の反応だったのだ。

泣く子も黙る奈良の大仏が、日本三大大仏のうちの一つであることは、言うまでもないだろう。ふつう、日本人なら大仏と聞いて真っ先にこの大仏を思い浮かべる。

奈良の大仏奈良の大仏

もう一つは、これも予想したとおり、鎌倉大仏だ。
まったく違和感を感じない。そりゃそうだろう、としか思わない。

鎌倉大仏鎌倉大仏

奈良の大仏と鎌倉大仏が日本三大大仏であることについて、異論のある人はほとんどいないだろう。

そして問題の最後の一つだが、なんと、三大大仏を名乗っているにもかかわらず、決まっていないというのだ。お釈迦さまも吃驚だね。
で、高岡大仏や岐阜大仏が三つ目の席を虎視眈々と狙っているというのが現状らしい。

高岡大仏高岡大仏

岐阜大仏岐阜大仏

江戸時代にはちゃんと日本三大大仏が決まっていた。
奈良の大仏、鎌倉大仏、そして豊臣秀吉が造った京の大仏だ。

京の大仏京の大仏

京の大仏が落雷により焼失したあとは、明治時代に造営された兵庫大仏が日本三大大仏に名を連ねた。しかし戦時中に金属資源の不足を補うため、兵庫大仏は無残にも溶かされるという悲運に見舞われたのだ。

兵庫大仏兵庫大仏

平成に入ってようやく兵庫大仏は再建されたが、改めて日本三大大仏に数えようとする人はあまり多くないようだ。

そんなわけで、三つ目の席はまだ空いていて、先に挙げた大仏のほかにも、牛久大仏、東京大仏、日本寺大仏、赤田大仏など、たくさんの大仏が三大大仏の候補に挙がっている。

牛久大仏牛久大仏

東京大仏東京大仏

日本寺大仏日本寺大仏(にほんじだいぶつ)

赤田の大仏赤田の大仏

ライトプラン 詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です