【広島カープ】栗林の最速100セーブと黒原プロ初勝利

当サイトにはアフィリエイト広告が含まれています。
じょーかー
じょーかー

直近5試合
5/22 T●
5/23 T●
5/24 B◯
5/25 B◯
5/26 B◯

■栗林が日本人最速タイで100セーブ達成

 栗林 良吏投手(27)が2024年5月26日のDeNA戦で通算100セーブを達成した。前日登板を回避していれば新記録だったけど、元ソフトバンクの馬原と並んで178試合目での記録達成となった。一応最速記録ではあるからまあよかった。通算36人目。ちなみに外国人を含めると元中日のギャラードが148試合で達成してる。

 カープの最多セーブは永川投手の165セーブ。あと数年で栗林が更新するだろうね。中崎の115セーブは今シーズン中に抜くかな。今季中崎にセーブシチュエーションで投げさせることはないだろうから。栗林は1年目37S、2年目31S、3年目18S、4年目14S(2024年5月26日現在)とセーブを積み重ねている。

カープの歴代100セーブ達成者

達成順選手名達成日
6(1)大野 豊(138S)1993.04.29
16(2)佐々岡 真司(106S)2003.09.14
19(3)永川 勝浩(165S)2008.06.15
30(4)中﨑 翔太(115S)2018.08.08
36(5)栗林 良吏(100S)2024.05.26

■黒原がプロ3年目で初勝利

 黒原 拓未投手(24)が2024年5月25日のDeNA戦でプロ初勝利を挙げた。3年目、32回目の登板でようやく勝てた。2021年のドラフト1位なんだけど、外れの外れの1位なんだよね(実質D3位?)。本当は西武に行った隅田が欲しかった。次に指名したのがヤクルトに取られた山下 輝。とにかく左投手の補強をしたかったんだよね、この年のドラフトは。ちなみに隅田投手は46試合12勝、山下投手は2試合1勝(2024年5月26日現在)。隅田投手はさすがに4球団から指名されただけのことはある。山下投手はクジ外れてよかったかもね、いまのところは。

 同じ試合で河野 佳(かわの けい)投手(23)がプロ初セーブを記録。2年目、通算10試合目だった。初勝利はまだ。延長12回で登録された9投手を全員投入したこの試合、河野は最後にマウンドにあがったが、もし河野になにかあったら、矢野菊池に投げてもらうつもりだったとのこと(※【広島】9投手使い切り死闘制す!もし不測の事態だったら…新井監督「矢野かキクに」と明かす/一問一答)。

 

LOLIPOPレンタルサーバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です