【タイNEWS】カラオケ嬢を恐喝・強姦、警官が関与

パタヤのカラオケ店で働く女性(26)が、警察の制服を着た男らに金銭を要求され、断ると強姦されたとして、被害届を出した。

女性が帰宅しようと南パタヤを歩いていると、警察の格好をした男1人と普通の格好をした男2人がバイクでやって来て、罪状も告げないまま女性を人気のない場所に連れて行き、監禁したという。
犯人のうち警察の格好をした男が去ったあと、手下とみられる2人が「2万バーツ払えば解放してやる」と脅したが、女性が「持っていない」と言うと、北パタヤのホテルのような場所に移動し、2人で女性を強姦した。

犯人らは女性のキャッシュカードを取りあげ、暗証番号を聞き出したうえで、5,000バーツを工面して女性の口座に振り込むよう脅して、ようやく女性を解放した。

女性が公務員の不正を正す団体に訴えたことで事件が明るみに出たが、警察の調べによると、警察の制服を着た犯人は、本物の警察官であったという。

[サヌック・ニュース 2016年10月21日]
[デイリーニュース 2016年10月22日]

ライトプラン 詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です