パヴリュチェンコがアルシャヴィンと同僚に

かつてトッテナムでプレーした元ロシア代表FWロマン・パヴリュチェンコ(33)が、クバン・クラスノダールへ移籍することが発表された。パヴリュチェンコはロコモティフ・モスクワとの3年契約が切れ、フリーエージェントとなっていた。

クバン・クラスノダールには、ロシア代表でともにプレーしたMFアンドレイ・アルシャヴィン(34)が所属している。アルシャヴィンもゼニト・サンクトペテルブルクの契約が昨季までで満了となり、フリーでクバン・クラスノダールに加入した。

パヴリュチェンコはトッテナムにいた4年間で、78試合に出場し21得点を挙げており、ロコモティフ・モスクワの3シーズンでは71試合で15ゴールを決めた。

一方、アルシャヴィンは、アーセナルで105試合23得点したが、復帰したゼニト・サンクトペテルブルクでは35試合3得点と低迷した。

プレミアリーグ在籍時の成績

ライトプラン 詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です